40代・50代の「輝かしい1990年代J-POP」1990年6月ヒットソングランキング

今にこそ映えるもの

50歳を越えた世代の自分には、めっきり口ずさむことのできるJ-POPが少なくなってしまったけれど、遡ること1975年12月、ショーゲキ的なメロディ「およげたいやきくん」を耳にしたときから「良い曲って心地良いんだ」と「自分の心」が温かい気持ちになったのを覚えています。

昭和には昭和の名曲がありましたが、それは別の機会にして、毎週毎週が目映いほどに
「ミリオンヒット級の名曲」のオンパレードだった1990年代を振り返って思いを馳せてみます。

出典元サイトはJ-POP無料視聴PV – CDTV,ベストアルバムからの無料視聴PV さん

自分的には、J-POPに新しい流れをドリカムが引き込んで、1990年3月-5月でLINDBERGと米米CLUBが大ヒット曲をして、その川幅を一気に広げていった感覚ですそこへTUBEがあの曲で合流です。

順位アーティストタイトルYouTube動画
1位氷室京介JEALOUSYを眠らせてhttps://www.youtube.com/watch?v=P_-6olRtX5M
2位たまさよなら人類https://www.youtube.com/watch?v=ZTBHdIvCVOU
3位矢沢永吉PURE GOLDhttps://www.youtube.com/watch?v=OBi49_uEYtk
4位渡辺美里サマータイムブルース/Boys Kiss Girlshttps://www.youtube.com/watch?v=6AkADxOXMgs
5位米米CLUB浪漫飛行/ジェットストリーム浪漫飛行https://www.youtube.com/watch?v=cUygGkhQWDk
6位B.B.クィーンズおどるポンポコリンhttps://www.youtube.com/watch?v=-r4DIbDe0DM
7位工藤静香千流の雫https://www.youtube.com/watch?v=2sc8XVR6OwE
8位光GENJILittle Birthdayhttps://www.youtube.com/watch?v=mC-d8BfdvcQ
9位森高千里臭いものにはフタをしろ!!https://www.youtube.com/watch?v=9b09ORfrpwE
10位B’zBE THEREhttps://www.youtube.com/watch?v=k_v854_D9IM
12位チューブ あー夏休みhttps://www.youtube.com/watch?v=dta3_B_UE3E

先月1990年5月のランキングはコチラ        次月1990年7月のランキングはコチラ

6位 B.B.クィーンズ おどるポンポコリン 発売日1990年4月

作詞: さくらももこ 作曲: 織田哲郎

坪倉唯子当時27歳 近藤房之助当時29歳 増崎孝司当時26歳 栗林誠一郎当時25歳
望月衛介当時19歳

この曲が居酒屋で流れてくると、今までの日本人が聞いたこともない曲調で

それはそれは、日本中が湧いて明るい気持ちになったものでした。

当時、お決まりだった2次会のカラオケでは、そんじょそこらの男女がマイクを握り、肩を組みながら歌っていた光景が目に浮かびます。

バブル期下降線に入る前の最後の盛り上がりの象徴曲です。

時は30年経過後の日本。

これだけのパンデミックや、集中豪雨、長引く不況、未曾有の環境下の日本を明るくするため、かの、織田哲郎先生には、この曲並の「楽しく愉快で、ついつい体が動き出す曲」を作って欲しいです。

見てください。この歌詞。えらく単純なのです。

それでも、すごいことです。

ミリオンセラー、1990年年間第一位、各賞独占です。

インチキおじさんと、お笑い芸人だけの登場で、これだけ、日本を沸かせたのです。

なんでもかんでも みんな
おどりをおどっているよ
おなべの中から ボワっと
インチキおじさん 登場
いつだって わすれない
エジソンは えらい人
そんなの 常識 タッタタラリラ
ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ
ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ
ピーヒャラ ピーヒャラ おへそがちらり
タッタタラリラ
ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ
ピーヒャラ ピーヒャラ おどるポンポコリン
ピーヒャラ ピ お腹がへったよ
あの子も この子も みんな
いそいで 歩いているよ
でんしんばしらの かげから
お笑い芸人 登場
いつだって 迷わない
キヨスクは 駅の中
そんなの 有名 タッタタラリラ
ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ
ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ
ピーヒャラ ピーヒャラ ニンジンいらない
タッタタラリラ
ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ
ピーヒャラ ピーヒャラ おどるポンポコリン
ピーヒャラ ピ ブタのプータロー
いつだって わすれない
エジソンは えらい人
そんなの 常識 タッタタラリラ
 *一部省略

【10位圏外からですが】12位 TUBE あー夏休み 発売日1990年5月

作詞: 前田亘輝 作曲: 春畑道哉 前田亘輝 編曲: TUBE

前田亘輝当時25歳 春畑道哉当時23歳 角野秀行当時24歳 松本玲二当時24歳
伊藤一義当時31歳 勝田一樹当時23歳

ホーンからのパーカッションの曲の出だし。そこからのベースのソロ。

この頃のカップルには、本当に堪らない響きでした。

今でも、このイントロを聞くだけで心をときめかす50代、60代は圧倒的に多いでしょう。

この動画(04’46”〜)の中の日本こそが、「日本の本来持てる明るさ」です。

名曲中の名曲ですが、”月間オリコンチャート” での最高位はこの6月の12位なのです。

TUBEには、サザンオールスターズ同様、まだまだ、心の底から切に、日本を盛り上げて欲しいです。

歌詞は、「ナンパからのひと夏の本気の恋」を明るく切なく歌っています。

湘南で見た 葦簾(よしず)の君は
誰かれ振り向く切れ込み feel so Good!
夏の少女 一度お願いしたいね
I love you 連発する渚のオオカミboy
防波堤 腰掛けて 灼けば鳴く蝉
熱冷めやらぬ二人
飛び込む水の音
Hold me tight 夢とちゃうのかい
こんな出逢いは
夏の数だけ 恋したけど
It’s all right 抱いたっていいんじゃない
焦げた素肌を
あー夏休み
チョイト泳ぎ疲れ 胸に cool baby
夜は夜 そうね浴衣に花火
瞳読み切れない これじゃ time goes by
影が揺れて そっとうなずいたみたい
光るルージュ 濡れてふるえるよ I’ve got you
砂に埋めた涙 忘れてもいいね
ためらいは蚊帳の外
鈴虫も泣くよ
Hold me tight だって恋みたい
指がせつない
砂の数ほど 愛したいけど
It’s all right
泣いたっていいんじゃない
粋な別れに
あー夏休み
チョイト 終わらないで もっとまだまだbaby
Hold me tight 夢とちゃうのかい
こんな出逢いは
夏の数だけ 恋したけど
It’s all right 抱いたっていいんじゃない
焦げた素肌を
あー夏休み
チョイト泳ぎ疲れ 胸に cool baby
Hold me tight だって恋みたい
指がせつない
砂の数ほど 愛したいけど
It’s all right
泣いたっていいんじゃない
粋な別れに
あー夏休み
チョイト 終わらないで もっとまだまだbaby

コメント

  1. […] 先月1990年6月のランキングはコチラ […]

タイトルとURLをコピーしました