40代・50代の「輝かしい1990年代J-POP」1990年3月ヒットソングランキング

今にこそ映えるもの

50歳を越えた世代の自分には、めっきり口ずさむことのできるJ-POPが少なくなってしまったけれど、遡ること1975年12月、ショーゲキ的なメロディ「およげたいやきくん」を耳にしたときから「良い曲って心地良いんだ」と「自分の心」が温かい気持ちになったのを覚えています。

昭和には昭和の名曲があったが、それは別の機会にして、毎週毎週が目映いほどに
「ミリオンヒット級の名曲」のオンパレードだった1990年代を振り返って思いを馳せてみます。

出典元サイトはJ-POP無料視聴PV – CDTV,ベストアルバムからの無料視聴PV さん

順位アーティストタイトルYouTube動画
1位LINDBERG今すぐKiss Mehttps://youtu.be/j4ovQDuqqgw
2位ドリームズ・カム・トゥルー笑顔の行方https://youtu.be/–6RY_0F3q0
3位高野寛虹の都へhttps://youtu.be/5cD1SuXoK1s
4位宮沢りえNO TITLISThttps://youtu.be/746v_877dzI
5位小泉今日子見逃してくれよ!https://youtu.be/FNYSY_yWChI
6位ダイアナ・ロスイフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザーhttps://www.youtube.com/watch?v=nBz5vitNDSU
7位徳永英明夢を信じてhttps://www.youtube.com/watch?v=c2AcM9iaPEw
8位GO-BANG’SあいにきてI・need・you!https://www.youtube.com/watch?v=8SUlCCRyLXM
9位JITTERIN’JINNプレゼントhttps://www.youtube.com/watch?v=Ub3UXKovQE4
10位光GENJI荒野のメガロポリスhttps://www.youtube.com/watch?v=2brWLCxirWI

先月1990年2月のランキングはコチラ        次月1990年4月のランキングはコチラ

1位 LINDBERG 今すぐKiss Me 発売日1990年1月

作詞: 朝野深雪 作曲: 平川達也 編曲: 井上龍仁

渡瀬マキ当時21歳、平川達也当時28歳、川添智久当時26歳、小柳”cherry”昌法当時30歳

当時、フジテレビ冬ドラマ月9の主題歌だったこともあって爆発的なヒットで一気にトップに躍り出ました。

一躍「LINDBERG」を世に知らしめた曲とも言えます。

この頃、恋をしていたカップル達は、誰しもがこの曲に心躍らせたはずです。

歌詞を見てみると、2人して、どこかに行く予定なのか、待ち合わせていたのか彼氏を見つけるや否や、どストレートに駆け寄って「キスして」みたいな光景?

彼氏にゾッコンな彼女が、恋に突っ走る、そんな感情が出ています。

かなりストレートですよね。

このPVが象徴するように、当時は、車でのデートが当たり前でした。
街には、当時の若者がカッコ良いと心酔した車がよく走っていました。
今のような実用的なものやエコカーや軽ではなく。

このPVではかの名車「カウンタック」が登場しているのには驚きです。

歩道橋の上から見かけた革ジャンに
息切らし駆け寄った 人混みの中
ドキドキすることやめられない
スピン気味のセリフに ブレーキは no thank you
身に付けた変化球も きょうは bye bye
ドキドキすることやめられない oh yeah
今すぐ kiss me Wow Wow
Go away I miss you
大好きだから 笑ってヨ
今すぐ kiss me Wow Wow
Go away I miss you
まっすぐに I love you so

雲行きは気にしない 忘れ物も無い
切符だけ手に入れた バラ色の地図
ドキドキすること やめられない oh yeah
今すぐ kiss me Wow Wow
Go away I miss you
大好きだよと 笑ってネ
今すぐ kiss me Wow Wow
Go away I miss you
まっすぐに I love you so
 *一部省略

7位 徳永英明 夢を信じて 発売日1990年1月

作詞: 篠原仁志 作曲: 徳永英明 編曲: 瀬尾一三

徳永英明当時29歳

当時はとっぽい感じで、それでいてどこか捉えきれない印象でした。

この系統の孤高のシンガーソングライターはもう現れないと思うと寂しいです。

PV見ても、今、こうした雰囲気を醸し出せるソロの男性アーティストは思い出せません。

脳梗塞を繰り返しながらもステージに立ち続けている徳永英明氏。もう一度、新曲の大ヒット曲を提げて、あの感じのまんまで歌っているのを是非見たいと切に望みます。

傷心を抱えて途方に暮れている若者を励ます曲。名曲です。

最近、ソロで歌う男性アーティストは少ないばかりか、この手の名曲を歌うアーティストも少ないので、是非、徳永英明二世みたいな人が出て来て欲しいです。

*アイキャッチ画像はPV中より。

いくつの街を 越えてゆくのだろう
明日へと続く この道は
行くあてもない 迷い子のようさ
人ごみにたたずむ 君はいま
恋することさえ
恐れてた昨日に
なくした涙を
さがしてる
夢を信じて
生きてゆけばいいさと
君は 叫んだだろう
明日へ走れ
破れた翼を
胸に 抱きしめて
自分の空を 越えてゆくのだろう
さよならに怯えず 君はいま
傷ついたことに
疲れはてた胸を
凍える 両手に
温めて
心のままに
生きてゆけばいいさと
君は 笑っただろう
明日へ走れ
破れた翼を
胸に 抱きしめて
夢を信じて
生きてゆけばいいさと
君は 叫んだだろう
明日へ走れ
破れた翼を
胸に 抱きしめて

コメント

  1. […] 先月1990年3月のランキングはコチラ […]

  2. […] 40代・50代の「輝かしい1990年代J-POP」1990年3月ヒットソングランキングでも述べていますが、今、こうした雰囲気を醸し出せるソロの男性アーティストは到底、思い出せません。 […]

タイトルとURLをコピーしました